KSNC手作り製本クラブ

ksncseihonkurabu.exblog.jp

手作り製本を楽しむクラブの学習の様子や作品を紹介しています。

「ルリユール工房作品展 2018」のご紹介

ルリユール工房作品展 2018

この作品展では、2017年度までにルリユール工房で作られた、受講生の作品を展示しています。ロビー・ギャラリー会場では、エコル・プログラム作品を展示し、工房会場では「ルリユール入門」をはじめとする各講座の作品を展示・解説し、あわせて工房内の設備や道具も紹介しています。


◆ルリユール工房ギャラリー展

会 場:9階コミカレギャラリー
日 程:3月14日(水)~3月26日(月)
    10:00~20:00 (日曜・最終日は18:00まで)

◆生徒作品展

会 場:ルリユール工房(22番教室)  
会 期:3月23日(金)~3月25日(日) 
    13:00~19:00(日曜は17:00まで)

d0359617_13120803.jpg

d0359617_13123148.jpg


〒171-8569 東京都豊島区南池袋1-28-1 西武池袋本店別館 8・9階
池袋コミュニティ・カレッジ (受付は8階です)
お問い合わせ 03(5949)5494(芸術係)

ルリユール工房  http://www2.odn.ne.jp/reliure/
池袋コミュニティ・カレッジ  http://www.7cn.co.jp/7cn/culture/c


「ルリユール工房」は、ヨーロッパの伝統的な製本工芸を中心とした本作りの工房で、池袋コミュニティ・カレッジの講座の中で総合的な手製本講座を開講しています。

「 ルリユール」は、ヨーロッパの伝統工芸のひとつです。木のプレス機や大型カッター、かがり台、山羊革や牛革、手漉き紙など、数百点の特殊な道具や材料をそろえた専用の工房で、ルリユールの技術を基礎から学べます。

「本の内容にふさわしい”形”を」という理念のもとに、次のような各種の講座が開講されています。

○ルリユール入門、○デコール、○なんでもルリユール、○パッセ・カルトン、
○パソコンで本づくり、○エコル・プログラム、 ○書籍の修理と保存(基礎・実技)、
○特別講座、 ○製本・マイ・プログラム

<出展:ルリユール工房ホームページ http://www2.odn.ne.jp/reliure/

*******************************************

<感想など>

○世話人:
今日、3月24日(土)、「ルリユール工房展」を見に池袋に行ってきました。土曜日と言うこともあって西武デパート付近は大変な人出でした。

工房展は、お知らせのとおり①ルリユール工房ギャラリー展と②生徒作品展(22番教室)がありました。①の「ギャラリー展」は、いわゆるギャラリー展示方式ではなく、ガラス・ショーケースの中に陳列してありました。展示の作品数も8冊と少なく、作者は一人でした。

こちらの作品展示は、写真撮影が許可されましたのご紹介します。しかし、ガラス越しのためいい写真は撮れませんでした。(腕のせいもありますが・・・)
こちらの作品は、ルリユール工房が開講している、プロ養成のための「エコル・プログラム」の受講生の作品と言うことで、非常に緻密に作られ一分の隙も無いと言った感じでした。

<写真 ギャラリー展>

d0359617_16100278.jpg

<写真 作品-1 作品-2>

d0359617_16101500.jpgd0359617_16103078.jpg

<写真 作品-3 作品-4>

d0359617_16104234.jpgd0359617_16105297.jpg

<写真 作品-5 作品-6>
d0359617_16144860.jpgd0359617_16151258.jpg

一方、②の「生徒作品展」の方は、工房内の教室に展示されていて、作業台の上に作品を開いた状態で立ててありました。こちらは「入門講座」をはじめ各講座の作品を展示したものとのことでした。周りには製本用の道具や機械、設備などもあって、工房の雰囲気が充満していました。

ここの作品は数十冊ありましたが、残念ながら手に取って見ることも、写真を撮ることもできませんでした。作品はいずれも大変立派で、作りが高級感に溢れていました。どの作品も材料や製本様式がほぼ同じようでした。全体に丸背が多く表紙は革かあるいは革に近いクロスかも知れません。特にヨーロッパの古い時代の革表紙の装幀を模したと思われる、背表紙に数か所の突起(古くは太い紐で綴じたため)を付けたもの(作品-1参照)も見られました。

また、箔押しによる装飾を施したり、小口をマーブリングなどで装飾した作品が多く見られました。さらに、見返し紙も独自のデザインで自作したと思われる作品が結構ありました。なお中身の本文の内容については、まったく判りませんでした。

今回拝見した作品展からは大変な刺激を受け、また今後の制作に大いに参考になりました。

○T.M.さん:
 「ルリユール工房作品展」ご案内ありがとうございました。
待ちきれず、23日初日に行ってまいりました。

まず目に入ったのがガラスショーケースの中の8点の作品。落ち着いた色合いの素晴らしい作品に釘付けになりました。見返しまでも美を追求した作品。

仕上がりもこれほど精密に、品格を伴う作品にあまり出合ったことがなかったので、衝撃を受けました。趣味の世界でなく工芸の世界。作者は若い女性。本当に素晴らしい作品拝見できました。

奥の生徒作品展に入りますと、最初入門コースの方々の作品。入門とは言えないほどのモダンな表紙の数々。布,皮、自作染など、柄にこだわり、魅了させられるものばかり。

上級者の方々は、手の込んだ作風で、革装も多く、どの作品も圧巻そのもの。表紙のみならず、見返しにも工夫を凝らし、楽しめました。十年以上の方々がほとんどとの事。
こだわり続けたものは、引き付ける力、大きいと感じました。

次元の違う作品とは言え、丁寧に作る美しさは、大いに学ぶこととなりました。そして私たちは今、無料で、受講させていただいている事、改めて感謝の気持ちでいっぱいです。

ここまで完璧にいかなくても、中身から自分で作成し、温もりのある作品となる。
技術は伴わなくても、心入れて作成していきたいと再認識した作品展でした。
以上


[PR]
by ksnc-seihon-club | 2018-03-21 13:17 | 製本展覧会案内 | Comments(0)